講習会情報workshop information

子どものための(抗菌再生)ドックズベストホフマンセメントセミナー

お子さんの歯科治療を採算ベースにのせてゆくためには、定期健診が必須となります。

どのような定期健診だったら継続来院してくれるでしょうか?定期健診を虫歯予防、歯肉炎継続管理として誤解してしまうと、もし新たなむし歯ができたり、歯肉炎がいつまでも緩解しない場合などは親御さんの不信を招きかねません。むし歯が出来る原因を甘いお菓子、飲み物、歯磨き不足のせいにしてしまうと定期健診は非常に窮屈な責任の押し付け合いの場になってしまいます。そこでこれを「歯の抗菌再生と健康な身体作りのため」と言い換えてみたらいかがでしょうか?甘いお菓子でできるむし歯ならたやすく防げますが、身体のストレスが引き金になるむし歯はそう簡単ではないのです。親御さんが野放しにしている、食卓に何時もあるお菓子や、冷蔵庫に常に補充されている乳酸飲料がむし歯の原因というのも、食事後臨界PHを下回ったら歯が溶けはじめるというのも正しいのですが、その正論では小児歯科経営はできないのです。歯肉炎が治らないのは、身体の再生能力、口腔免疫の低下を示しています。かなり甘いお菓子を食べてもむし歯にならない子もいれば、必死に歯磨きをしているのに虫歯になる子もいるのが現状です。だからこそ、そのできてしまった虫歯の原因こそが重要な問題なのであって、むし歯自体は「抗菌再生」に委ねればいいのです。

 

ホフマンセメントのむし歯治療を軸にプレゼン、実習を交えてお話しいたします。

ドックズベストセメントは私の歯科変化をもたらしました。他の薬剤に比べて大変使いやすい、システムが簡便、齲蝕操作時間が短い、鎮痛効果が高いなどの特徴があります。様々な試行錯誤を経て現在はもうこのシステムなくしては私の小児歯科は成り立たないとさえ考えているほどです。

 

セミナー内容

・主訴とむし歯の原因

・デジタルレントゲンの効用

・除痛とむし歯の痛みの理解

・ドックズベストセメントの応用

・トンネル窩洞と充填の要件

・定期健診と健康保険治療

 

※ご持参いただく物
① ブローチホルダーと角ブローチ先端
② 手袋・マスク
③ ユージノールセメントと練和道具一式 (液、粉、練板、スパチュラ、セメント充填器具、深針)
④ 根管拡大された抜去歯、歯冠は残ってなくても可、 前歯臼歯は問わず。2 歯~ 3 歯
⑤ 歯ブラシ自分用
(ユージノールセメントを使わない先生は、水硬性セメントか普段使用のセメントその他可)

 

 

【開催日】

2021年11月14日(日) 9:30~13:00

 

講師紹介

神谷誠先生 1981年 北海道大学歯学部卒業 1983年 長野県生坂村国保歯科診療所 所長 1985 年 長野県松本市 神谷歯科開業 1998 年 医療法人スマイルアート 神谷歯科 ・労働衛生コンサルタント ・小児歯科学会所属 ・障害者歯科学会所属 ・レーザー治療学会所属 ・産業衛生歯科学会所属

開催日

2021/11/14(日)

定員

14名

受講料

歯科医師 38,500円(税込) 再受講 26,400 円(税込) ※材料費込み

会場

デンタルヘルスアソシエート

セミナー概要