講習会情報workshop information

ダイレクトコンポジットレジン修復 ~患者さんに喜ばれる選択肢の提供~

近年の接着技術、修復材料の高品位化を最大限活用して、健全歯質と生物学的な歯髄保護機構を 温存する審美修復法の習得を目指します。患者さんにとっては、痛くなく、少ない来院回数で、 術後トラブルのない審美性の高い結果を提供できます。このような修復法は、患者さんにとっての メリットが極めて高く、いまだ未完成ともいえる歯冠色間接修復法にかわるもので、欠損修復に おいては、インプラント、ブリッジ、義歯に替わる魅力的な選択肢となります。 皆様のクリニックの経営に貢献するMID(Minimal Intervention Dentistry:低侵襲歯科医学)を確立するための機会となれば幸いです。

 

1日目
10:00~12:00 講義
本来のダイレクトコンポジットレジン修復(DCR)とは?
自費DCRの臨床における位置づけ
前提は、歯を守る、歯髄を守ること
DCR成功のための、う蝕除去法と接着技法
CR填塞の基本
13:00~14:00 講義とデモ
う蝕除去
臼歯修復におけるCRの填塞法、隔壁法
14:00~15:30 実習
臼歯 1級、2級修復
15:30~16:00 講義
1日目のまとめ、質疑応答

 

2日目
10:00~11:00 講義
前歯修復の要点(べニア、4級、矮小歯、正中離開、
WSDなど)
11:00~12:00 デモと実習
べニア
13:00~15:00 デモと実習
4級修復
ダイレクトブリッジ
15:00~16:00 講義
メインテナンス
補修の手順
問題解決型修復法のすすめ
DCRの新たな応用法
質疑応答

 

 

【開催日】

2021年10月16日(土) 10:00~16:00

2021年10月17日(日) 10:00~16:00

 

講師紹介

田上 順次 先生 東京医科歯科大学名誉教授 クオーツデンタルクリニック 先端歯科センター長 1980年 東京医科歯科大学卒業 1984年 同大学院修了(歯学博士)1994年 奥羽大学歯学部教授 1995年 東京医科歯科大学教授歯科保存学第一講座、その後 う蝕制御学分野歯学部長、理事、副学長などを歴任 2021年 同定年退職、名誉教授 現職

開催日

2021/10/16(土)、2021/10/17(日)

定員

10名

受講料

132,000円(税込・器材費込・2日間)

会場

デンタルヘルスアソシエート

セミナー概要